ミックス犬ならではの魅力

人気が高まる理由

家族

空前のペットブームの中、室内犬として人気なのがチワワやトイプードルですが、近年ではミックス犬の人気も高まってきています。
ミックス犬にはチワワとマルチーズの間に生まれたチワマルやポメラニアンとミニチュアダックスフンドの間に生まれたポメックスなどがいます。
その中でもとりわけ人気が高まってきているのが、マルチーズとトイプードルを親に持つマルプーです。
マルチーズもトイプードルも室内犬としてはとても人気のある犬種です。
その間に生まれたマルプーは親のいいところを寄せ集めています。
どちらも利口な犬種ですので多くのマルプーはその血を受け継いで賢い子が多いのです。
マルプーが選ばれる理由にはミックス犬ならではの可愛らしい見た目があります。
毛色はマルチーズが白に対し、トイプードルはアプリコットやブラックなど種類が豊富です。
どちらもふわりとした毛並が特徴で、ぬいぐるみのような可愛らしさを持っています。
基本的にミックス犬はどちらかの犬種の色合いが強く出ると言われますが、見た目がプードルなのに顔つきにマルチーズっぽさが出ていたり、マルチーズの顔つきなのにカールした毛並がプードルであったりと様々です。
成長したときに必ずしも同じスタイルにならない個性がミックス犬の最大の魅力です。
とりわけマルプーはふんわりとしたヘアスタイルや小さな体とつぶらな瞳で、多くの人に愛される犬種となっています。
性格に関しても利口なだけでなく人懐っこい部分もあり、一般的に飼いやすい犬種となります。
他人と同じような犬ではなく、個性を楽しみたいという方がマルプーを選ぶことが多いようです。

環境適応力抜群です

ドッグ

日本では住宅事情から小型犬の人気が続いていますが、その中でもポメラニアンの人気は長い間安定してトップクラスにあります。
室内犬として充分小さなポメラニアンの体は餌の量も少なくて済み経済的です。
長毛種なので定期的なトリミングは必要ですが、小柄なので高額になることはなく、獣医にかかったときも小型犬の方が費用は安くなります。
しかし、ポメラニアンが人気になっているのは、やはりその可愛いルックスにあります。
小さな体全体を覆う白い被毛は抱き上げた時の心地よさが人気です。
抱き上げた時丸くてキラキラした目で見つめられると守ってあげたくなるような気持ちにさせます。
ふわふわの毛からツンと飛び出した耳としっぽも愛くるしさがたっぷりです。
手足が短いことで走り回ると毛糸の玉が動いているように見えます。
ポメラニアンは小さいけれども活発で飼い主と遊ぶことが大好きです。
可愛らしいルックスのため、物覚えが悪くてしつけがしにくいと思われがちですが、実はポメラニアンは利口できれい好きで、しつけをしやすい犬種なのです。
環境適応力が高いため、他の犬と一緒に飼うことも難しくありません。
トイレなどのしつけはもちろん、ボールやフリスビーを使った遊びもすぐに覚えるので、飼い主としても遊び甲斐のある犬です。
性格的には自由を好むところもあるので、小さいうちからしっかりしつけをしておけば、吠え続けるようなこともないためマンションなどの集合住宅でも飼いやすいと評判になっています。

こまめな観察と対応を

ウーマン

今も昔も人気のある犬種である柴犬。
飼い主に対して忠誠心が強く、日本に古来から住んでいることからも愛着を持っている人も多いと思います。
柴犬は多くの犬種の中でみても、比較的体が丈夫で病気にはなりにくいと言われています。
しかし全く無縁というわけではないので少し気をつけてみる必要があります。
 柴犬の罹りやすい病気としてよく知られているものが、皮膚に関わる病気です。
食物のアレルギーや遺伝など罹患する原因は様々です。
人間と同じようにアトピー性皮膚炎になることもあり、また完治が難しいという点も一緒です。
皮膚病になった犬は色々な所に体を擦り付けたり、目の周りや耳の毛が抜けてきたりします。
かゆみを伴うことが多く、柴犬にとって大きなストレスになります。
予防方法としては柴犬の体をシャンプーやブラッシングで清潔に保つことが重要ですが、残念ながら皮膚のトラブルが出て、かゆみが収まらないようなら早めに動物病院につれて行くことが必要です。
何故なら、例えば目の周りのかゆみを放っておくと強く掻くことによって目を傷つけて、最悪失明の原因になったりと、より大変なことになる可能性があるからです。
 大事なのは早めに対処をすることですが、そのためには毎日の犬の様子をよく観察することが大事なポイントになります。
体の特定の部分をよく掻くようになった、擦り付けるようになったなどの変化があったら、その患部の様子をきちんとチェックしましょう、そして赤くなったり毛が抜けてきたりしてきたら迷わずに病院に行くことが肝心です。